クワガタやカブトムシの飼育事情に関する情報をまとめたサイト

>

捕まえずに買うという手段

複数匹の飼育の注意点

カブトムシやクワガタを飼育する際、同じケースの中に数匹入れて飼おうと考える人もいることでしょう。
しかしそれはやってはいけません。
オス同士だった場合、同じケースの中に2匹以上入れてしまうと、本能的に戦ってしまうので体が傷ついて死んでしまうことにつながるのです。
オスを飼育する場合は、必ず別々のケースに入れるようにしましょう。
メス同士であれば同じケースに入れても大丈夫な場合が多いですが、それでも2匹ぐらいが限界です。
3匹は同じケースに入れないようにしましょう。
オスとメスを同じケースに入れて喧嘩をしてしまうということもまれにあります。
その場合も別のケースに入れてあげた方がいいでしょう。
ちなみに、繁殖をさせたいという理由からオスとメスを同じケースに入れて飼育することがあると思います、万が一 交尾が成功したらオスはすぐに別のケースに移しましょう。
オスがせっかく産んだ卵を潰してしまう恐れがあるからです。

飼育ケースをどこに置くか

カブトムシやクワガタの飼育ケースを 置く部屋というのは、家庭によってそれぞれでしょう。
しかし、寝室に置くのはお勧めできません。
飼育ケースの中で、意外にも夜に動き回ることが多いため、活動音でなかなか眠れないということもあるからです。
かといって屋外で飼うのも注意が必要です。
夏場であれば直射日光に当たることで暑くて死んでしまう恐れがありますし、冬場なら寒くて死んでしまうこともあります。
また、雨に濡れて弱ってしまう恐れもあるので、きちんと雨が当たらない場所で飼う必要があります。
どうしても屋外で飼育するなら、日陰でさらに寒くなりすぎない場所を選びましょう。
また外で飼育することによって、うっかり餌をあげたりするのを忘れてしまうという事態が発生することもあります。
カブトムシやクワガタを飼っているということを忘れないようにすることも、実は大事なのです。


この記事をシェアする